News

Gallery nicolaibergmannでは、2021年3月16日-5月30日までの期間で「Pop Art in Bloom」を開催し展示販売をいたします。
ニコライ・バーグマンが手掛けるPOP ARTは、自らフラワーデザインを施し写真に収めた素材をデジタル加工し、グラフィカルに表現、絵具、スプレーペイント、インクなどあらゆる画材を駆使した独自の技法で作成されたミクスとメディア作品です。 まさに、スカンジナビアンのスタイルと日本の繊細なディテールを融合したフラワーデザインがPOP ARTへと開花させた作品です。
この機会にぜひ実際の作品をご覧いただき、フラワーデザインの新境地をご体感ください。そこには、フラワーデザインの新たなる世界が広がっています!

詳細はこちら(PDF)

2021年初の展覧会のご案内をいたします。 今回は、ニコライ・バーグマンと同郷でデンマーク出身のセラミックアーティスト クリスティーナ・マフさんを迎え 花と器のコンテンポラリー・フラワーアートの世界を披露します。凹凸があるオーガニックなヴィジュアルで、根や種などのパワーを感じられる生命をテーマとした作品の完成度に感銘を受けニコライは、今回の展覧会で生命のサイクルが新たに始まる季節を目の前に、マフのセラミック・スカルプチャー11点とともに、 ニコライ・バーグマンがデザインした様々なフラワーアートを、GALLERY nicolai bergmannのユニークな空間で楽しんでいただけます。

詳細はこちら(PDF)

この度GALLERY nicolai bergmannでは、 金属彫刻家MABO氏の個展『Awareness-破壊と創造』を開催致します。 これまでMABO氏は、日常生活のふとした瞬間に発見した植物を採取し、それが枯れるまでに彫刻として完成させる”Plant/Border”シリーズを展開してきました。今回は、一度完成させたものを自らの手足やハンマーなどによって 破壊する新作”Awareness(自覚・意識)”を発表いたします。 人間の怒りや悲しみや不安といった負の感情を「壊す」というインパクトで表現しつつも、同時に 素材部分には景色や人々の平和な光景が転写されており、日常と非日常のコントラストが見えてきます。 また、イチョウの葉が多数積み上げられたインスタレーションも今回の展覧会の見所のひとつとなります。 展示空間には彫刻作品と共に植物が展示され、時間や人間の動きによって変化していく自然を一つの 空間の中に潜みながら体験していただけます。
破壊の先の創造を意識する機会になればと思います。

詳細はこちら(PDF)

GALLERY nicolai bergmannでは、2020年 8月4日 - 10月4日に「 Welcome to the JANGLE 」をテーマにこの夏、バーケーションを海外で過ごすことができない状況から少し視点を変え、東京にいながらもジャングルに迷い込んだ気分を味わえる展示会を開催します。 熱帯に生息する植物たち、そこからインスピレーションを受けたフラワーアートやペインティングアートの世界を展示・販売いたします。グリーンに彩られた植物の世界、「 Welcome to the JANGLE 」へバカンスをしにGallery nicolai bergmannに足を運んでお気に入りの植物やアートを見つけてください。

2020年6月10日 18:00 -18:30 Nicolai Bergmannのインスタグラムのアカウントからライブ配信にて「AFTER CORONA」エキシビションのデジタルレセプションパーティーを開催!
Dress cord : Something Pink #nicolaibergmann

2020年6月2日より8月2日まで「AFTER CORONA」をテーマに、明るい気持ちになるピンク色の器に、生命力を感じる植物を合わせアート作品とともに展示販売するエキシビションを開催! 今のネガティブな状況をピンクで彩られた植物とアートの世界へと誘い、皆様に勇気と希望をもたらします。